読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルダリ ぼるだら

初心者の練習記録。へたくそな絵とともに。

【ボルダリ 26回目】四肢で立つ

最近被っている壁の長めのルートができるようになってきた(5級レベル)。

意識しているのが、壁のホールドを足でもしっかり掻き込むイメージで、四肢で立つ感じ。

 

手の保持力やスタミナがあれば、別の攻め方もあるのだが、自分はそういうものが無い。(欠点を認めるのも大事、、と言い訳してみる)

 

手に掛かる力を足にも分散させる。

足を乗せるだけでなく、しっかり摩擦を利かせて、つかむ。
(乗せるだけだと、振られる動きの時に足が外れます)

手のホールドがつかみにくかったり、方向が嫌な角度を向いていたりする時に効果絶大。

f:id:Sashun:20160904105620p:plain

うす被りの壁も、この意識を忘れないようにしようと思う。

そんな時でも一歩ずつ。