読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボルダリ ぼるだら

初心者の練習記録。へたくそな絵とともに。

【ボルダリ 0回目】 体験ボルダリング

体験の申し込みをしてワクワクすること1週間、
行ってきました。ボルダリングジム。

齢30を超え、腹は出ていないが、もやし体型の自分が、どこまでできるのだろうか。

受付の人柄グッドな女性がそのまま教えてくれるようです。

タブレットで、近代的な?登録手続きを進めます。

30歳くらいの男性1名、外国人オジサン1名、パパと小学生娘の2名の合計5名が、
今回の体験グループらしい。

靴のサイズ?分からんが小さめが良いとのことで、26を選択。

チョークと呼ばれる白い粉を付けて、ピッチャーの気分になりながら、
ボルダリングデビュー。

手と足を促されるとこに乗せていったら、
うわ、登れた!!
感動ひとしお。この年齢で素直に喜べるのは自分の長所の一つとしておこう。

10級から色別で3段くらいまであるらしい。

最初に登ったのは10級で、次に9級、8級と登れました。

少し休憩をはさんで、今度はロープクライミングの体験。
すいすい登れたが、半分くらいまで来て、足がすくんでしまった。
高い。。。

普段のマイナス思考っぷりが炸裂したわ。これ落ちちゃうんじゃね。。
ぞっくぞくしたね。こんなときに、インストラクターが励ましの言葉をかけてくれる。
なんとか進み、振り向きざまの記念写真。

あとはインストさんを信じて、ロープにしがみつき降下。
たぶん、内またになってた。びびってた。

もう一本登って、安全講習のビデオを見て終了。

そのあとは自由にボルダリングは登ってよいらしい。

あれ、落ちる。うむ、登れない。
これ、免許取るための練習と効果測定の違いと同じやつだわ。
助言なしで一人で考えると途端に難しくなる。

無茶して120°くらいあるところを登っていたら、左肩を痛めたり、
あがいて、ひざ擦りむいたので、帰ることにしました。

この肩の痛みがのちに尾を引いていく。。

記念写真、いい顔でした。


そんな時でも一歩ずつ。